川越「九条の会」ニュース137号を送ります


遅くなりましたが、川越「九条の会」ニュース137号をお届けします。いつも、ご支援、ご協力、ありがとうございます。裏面に、一年間の収支報告を載せましたので、ご覧ください。

今回の投稿は、沖縄ツアーの参加報告です。お読みください。

ところで、沖縄の空は、いったい誰のものなのでしょうか。沖縄の空は、安部自公政権によってアメリカ軍にタダより安く、払い下げられているのではないでしょうか。

25日の参院予算委員会で、F15墜落事故を受けて米軍に「飛行停止を求めた」と事実に反する答弁をしたのが安倍首相です。「(飛行)中止についてわれわれが申し入れを行い、2日間ではあるが(米軍が)中止し、点検した」と説明したものの、実際には防衛省は飛行中止を求めていません。明らかなウソ答弁です。しかも、たった2日間の飛行停止を自らの手柄のように述べているのは、あまりに情けない話です。どこまでアメリカの言いなりになるのでしょうか。

更に、そのことを27日の党首討論で、突かれると、今度は、政府が飛行停止を求めて米軍が停止した事例として、昨年の普天間第二小窓落下事故を挙げましたが、ここでも実際には飛行停止を求めていませんでした。まさしくウソをウソで覆い隠そうとした、恥ずべき答弁です。これこそ、ウソの上塗りです。また、恥の上塗りでもあります。

昨日の報道によると、アベノミクスにおいても、どうやら、自分に都合のいいように操作をしていたということです。データの計算方法を変更したり、データを入れ替えたりして、以前よりも数値が高く出るようにしていたというのです。成果を誇張していたと指摘される所以です。ウソのデータを用いて、ウソの結果を公表する、これも、まさしくウソの上塗りと言えるのではないでしょうか。

改憲を諦めていない安倍首相は、秋の国会での発議を目論んでいます。

上塗りの得意な安倍首相に、憲法をいじらせてはなりません。9条の上塗りを許してはなりません。

それでは、川越「九条の会」ニュース137号をお届けします。

川越「九条の会」事務局 K.A

 

川越「九条の会」ニュース137号 2018.9.12

広告
画像

7/9 木村草太氏 講演会


無題

川越「九条の会」ニュース136号ができました。


川越「九条の会」ニュース136号 2018.6.6

ニュース136号が、できました。

その前に、まずは、お知らせを2つさせていただきます。

一つ目は、川越「九条の会」のパンフレットについてです。前回の改訂から時間がたったので、以下のように加除修正ました。

  • 安倍9条改憲についての記述を加えました。憲法に自衛隊を明記することの危険性を追加しました。
  • 9条についてのアンケート結果のグラフを新しくしました。これは、NHKが行っている憲法についての調査で、戦後4回目の「日本人と憲法2017」の結果から引用しています。
  • 新たに3人の方に呼びかけ人を引き受けていただきましたので、お名前を追加しました。そこで、ニュース133号;野村路子さん、134号;前島康男さん、135号;中西浩文さんと寄稿をお願いしたわけです。

その他にも、数か所加筆しました。昨年から、検討を重ね、今年の初めに、完成しました。(このブログの呼びかけ文のところにあります。)

パンフレットに引用したNHKの「日本人と憲法2017」調査には、『憲法をめぐる意識の変化といま』として、憲法についての世論の変遷を以下のようにまとめています。少し長いですが、良くまとまっていると思いますので、引用します。

「施行70年を迎えた日本国憲法に対する世論の変遷を1974年、1992年、2002年、2017年の調査を軸にたどる。憲法改正が『必要』という人は、1992年の35%から2002年には58%に増加して『不要』を大きく上回った。1990年~2000年代は、湾岸戦争などを受けて自衛隊の活動や国際貢献のあり方についての議論が高まるとともに、憲法改正をめぐるテーマが多様化した時期で、改正を支持する世論は幅広い層に及んだ。しかし、2017年には『必要』が43%に減少し、『不要』(34%)との差が縮小している。2010年代は、憲法改正の発議要件を緩和する憲法96条の改正をめぐる議論が起きたり、安倍内閣が集団的自衛権の行使を可能とする閣議決定を行い、安全保障関連法が成立したりした時期にあたり、世論が慎重な方向に動いたとみられる。憲法9条の改正については『不要』が57%で『必要』の25%を大きく上回り、9条が日本の平和と安全に役立っているという人も約8割に増加している。憲法が社会に果たした役割を肯定的に評価する人が増える一方、国の政治に優先的に取り組んでほしいことで『憲法改正』を選ぶ人は6%にとどまる。また、憲法改正をめぐる論議が深まっていないという人が67%にのぼるなど、憲法改正に対する国民の意欲や関心が高まっているとはいえない。」

九条改憲に執念を燃やす安倍首相にこそ、読んでほしいと思います。

二つ目は、第8期かわごえ「憲法塾」についてです。

今年は、「改めて憲法を学ぼう!~今、話題の憲法問題を考える連続講座~」と題して、開講しました。5月から、10月までの毎月第4水曜日、18:30から20:30までです。会場は、ウェスタ川越(3階)研修室2・3です。参加費は500円です。

次回は6月27日(水)です。内容は、「9条~自衛隊の明文化 そして3項って何?」と題して、憲法9条についての講義です。講師は、村山志穂弁護士です。ニュース136号に掲載した呼びかけ人;鈴木美恵子さんの投稿にもあるように、今、憲法9条の発案をめぐって論議が盛んになっています。ご一緒に学びませんか。多くの方のご参加をお待ちしています。

 

 

川越「九条の会」ニュース135号をお届けします。


川越「九条の会」ニュース135号 2018.4.9

『皆さまが 穏やかに お暮らしなされますよう お祈りします。公平で、自由で、仲良く、平穏な生活のできる国 海外の戦争に介入せず 国のどこにも原発と外国の部隊がいない賢明強靭な外交で平和を維持する国 サウイフ国デ ワタシハ死ニタイです』

先日、亡くなられたアニメ「火垂るの墓」で知られる映画監督;高畑勲さんの公開された年賀状の言葉です。高畑勲さんは、“戦争のできる国”づくりをなんとか止めようと、積極的に発言し、行動していました。国会前での集会やデモにも参加し、沖縄の辺野古、高江にも足を運んでいます。

「『普通の国』なんかになる必要はない。ユニークな国であり続けるべきです。戦争ができる国になったら、必ず戦争をする国になってしまう。閣議決定で集団的自衛権の行使を認めることによって9条は突如、突破された。私たちはかつてない驚くべき危機に直面しているのではないでしょうか。あの戦争を知っている人なら分かる。戦争が始まる前、つまり、いまが大事です。始めてしまえば、私たちは流されてしまう。だから小さな歯止めではなく、絶対的な歯止めが必要なのです。それが9条だった。」(2015.1.1神奈川新聞;高畑勲さんへのインタビューより)

憲法9条を過去のものにしてはなりません。安倍9条改憲を許さず、ストップさせるため、3000万署名に積極的に取り組みましょう。また、ニュースの裏面にある「憲法塾」や憲法を守るイベントに積極的に参加しましょう。「今が、大事です。」

それでは、ニュース135号をお届けします。

133号の野村路子さん、134号の前島康男さんに続き、今回も、新たに川越「九条の会」の呼びかけ人になっていただいた中西浩文さんの寄稿です。

川越「九条の会」(事務局;K)

 

黙っているのは容認すること。こんな議会を許しません。


県議会抗議文18-01-04

県議会再稼働抗議ビラ18-01-04

賛同人のめいぼ

脱原発を願う埼玉の皆さまに    

三芳町 白田

12月23日付の「東京新聞」埼玉版で報道されましたとおり、埼玉県議会は22日の議会最終日に「世界で最も厳しい水準の規制基準に適合すると認められた原子力発電所の再稼働を求める意見書」を自民党と無所属県民会議の賛成多数で採択し、これを国に提出することとなりました。原発を持たない埼玉県が原発再稼働を求める、原発立地に犠牲と負担と危険を押し付けて平然としている、その厚顔無恥さに怒りを禁じえません。原発事故から何も学ばず、福島の現状からも目を背けているのです。

福島の方からは、怒りの声とともに「かなしい」という声も届いております。海がない埼玉県には事実上原発をつくることはできません。原発ができる心配もないから、そんな勝手なことが言えるのでしょうか。行き場のない核のゴミ、これを全て埼玉が引き受けるとでもいうのでしょうか。

そのあまりの無責任さに腹が立つと同時に、許せないのは、これが私たち有権者が「選んだ」議会だ、ということです。有権者の代表たる県議会が採択した意見書は「県民の総意」ということになってしまいます。このような意見書を断じて認めることはできません。私は12月25日に県議会事務局に抗議の電話をかけ、さらに、26、27日と県庁前で仲間とともに抗議のスタンディングとビラ配りをしました。

また、年が明けて1月4日の仕事始めの朝にも県庁前で抗議行動を行いました。年末より、県議会へ出す抗議文の準備をし、賛同者を募っております。提出は1月10日(水)、賛同受付の締め切りは1月9日24時です。

個人・団体とも受つけております。ぜひとも賛同者に名を連ねてください。現時点で県内外の個人689人、団体70から賛同をいただいております。しかしまだまだ足りません。

ネットでは埼玉に対する非難ごうごうです。「埼玉が原発を誘致しろ」「最終処分場をつくれ」「汚染土を全て引き取れ」などの声があふれています。ともすればその批判は埼玉県民にさえ向かってきます。確かに採択したのは自民党と県民会議であり、私たちはそれらの党に投票したことなどなく、このような意見書を採択することに賛成などした覚えはなく、断固反対です。しかし、黙っていては、行動を起こさなければ、きちんと抗議の意思を示していかなければ、この意見書を容認してしまうことになります。 

時間がなくて申しわけありませんが、重ね重ねご賛同をお願いします。

抗議と、1月4日に県庁前で配ったビラ、それに賛同署名を添付します。

拡散をお願いいたします。

 

1月10日(水)の行動予定です。

(11時半~ 街宣開始)
12時 JR浦和駅西口 駅前集合
12時15分 デモ行進出発
12時50分頃 県庁前到着
13時05分 県庁議事堂 議会事務局に抗議文提出
14時    ・県庁県政記者クラブにて記者会見
       ・記者会見に出ない方は別会場にて集会
        記者会見に出席した方は終わり次第合流
16時    終了

当日は、郡山市議の蛇石郁子さん、大熊町議の木幡ますみさんも駆けつけてくださいます。 

こちらの行動にもぜひともご参加ください。

賛同いただける方は sirotama@kbf.biglobe.ne.jp Fax 049-290-6604 までお願いいたします。

 

 

 

川越「九条の会」ニュース134号をお届けします。


川越「九条の会」ニュース134号 2018.1.5

皆​様、新​​​​​しい年をいかがお過ごしでしょうか。

2018年の今年は、日本の平和にとって、大変重要な年です。「日本の平和」のソフト面からもハード面からも、重大な選択を迫られているからです。ソフト面では、日本の平和を守ってきた憲法、特に九条を変えようという動きが、アベ首相を中心に加速しつつあります。また、ハード面では、日本の平和を脅かす基地、特に米軍辺野古新基地の建設が県民、国民無視で​強引に進められています。

私たちは、72年間守ってきた誰も殺さず殺されない平和を続けていくのか、それとも、自衛隊が災害支援などで活躍しているのに違憲状態では申し訳ないから、憲法に書き込んで軍隊として認め、海外での戦争にも出兵できるようにするのか、問われています。

戦力不保持と不戦を決めた憲法九条をもとに話し合いと対話で平和を追求するのか、それとも、軍事力をちらつかせながら、相手を脅し、最後には武力に訴えてでも、見せかけの平和を作るのか、問われています。

11月には、沖縄県知事選が控えています。

沖縄の県民の安心と安全をないがしろにして、新基地を作り、米軍の好き勝手で危険極まりない軍事行動を許すのか、それとも、基地を撤廃して沖縄の陸と海と空を沖縄県民に返して、自然豊かな平和な島に戻すのか、問われています。

今こそ、日本の平和を培ってきた憲法を守りいかすこと、そして、日本の平和を脅かし、戦争へとつながる基地をなくすことが、求められているのではないでしょうか。(運営委員;勝俣)

それでは、ニュース134号をお届けします。

133号の野村路子さんに続き、今回も、新しく川越「九条の会」の呼びかけ人になっていただいた前島康男さんの寄稿です。

川越「9条の会」ニュース133号お届けします


川越「九条の会」ニュース133号 2017.10.21

明日は、投票日です。以下、今回の衆院選について考えてみました。

「今回の衆院選とは?」

― 「野党共闘をぶっ潰せ!」という権力のささやきに、応えたのは? ―

  「安倍晋三」を「普安倍三」と書き替えた人がいる。読み方は、「ふあんばいぞう」だそうだ。つまり「不安倍増」が、彼の本質ということのようだ。それを象徴するかのような、大儀なき恥さらしの「冒頭」解散である。「冒頭」を書き替えれば「亡逃」、つまり「逃亡」解散が、その本質であろう。

 何から逃げたのか。それは、「森加計問題」である。誰から逃げたのか。それは、追及を続ける野党議員であり、真相究明を求める国民である。どうやって、逃げようとしたのか。それは、野党の力を弱めること、国民の関心を逸らせることによってである。 

 まず、野党共闘の成立を阻止する為に、刺客として、小池都知事と前原民進党代表が差し向けられた。小池は、安倍政権を補完する政党を作ることを課せられた。都議選の余波に乗って、何とか改革ムードを作っては見たものの、人気の出ない、希望ならぬ「棄望の党」のでっ ち上げである。

前原は、野党勢力を選別するために、「棄望の党」への身売りを強引に進めた。みんなが行けるという真っ赤な嘘があばかれ、結果として、リベラルと言われる人たちが排除され、「先ずは野党共闘を」という人たちが減ってしまった。

 次に、北朝鮮問題を利用しての関心逸らしである。国難はお前だと言われながらも、○○の一つ覚えのように北朝鮮の脅威を連呼した。本当に国難ならば選挙どころではない、と言われながらも、国難だとうそぶいた。

 盛んにミサイル危機をあおるマスコミ報道にも助けられ、また、殆ど意味も効果もないJアラートのお陰もあって、国民の関心は、いつの間にか、逸らされてしまっている。

 権力は予想以上に、したたかである。

このままにしては、いけない!

明日は、投票日である。先ずは、選挙権を行使しよう。

政治に関心は無くても、政治に関わりなく生きてはいけないと、周りの人に訴えて、投票に行くよう呼びかけよう。

 オトモダチには温かく、庶民には冷たい政治を、誰がしてきたのか。

オスプレイが、いつ落ちてくるかもわからない危険な空を、誰が放置しているのか。

貧困と格差が、どんどん拡大する社会で、誰が儲けているのか。

8時間働いても普通の暮らしができない日本を、誰がつくったのか。

事故の真相究明がまだできていないというのに、誰が原発を動かし始めたのか。

これこそが国難である。

その張本人こそ、「不安倍増」内閣総理大臣である。

今こそ、変えるときである。  (A.K

では、ニュース133号をお届けします。

                   川越「九条の会」事務局

川越「九条の会」ニュース132号 お届けします。


川越「九条の会」ニュース132号 2017.09.01

「9月1日 94年目の夏」に思うことを綴ります。 

毎月19日に国会前などで行われる集会に、欠かさず参加している。8月は、「安倍内閣退陣を求める819国会議員会館前行動」として開かれた。この日は開始前からの激しい雷雨で、やむなく地下鉄の出入口の隅で雨宿りすることとなった。すると、若い男が近寄ってきて、壁の表示を指し「これが見えないのか、ここは立ち止まってはいけない所だ、お前らは日本人か。」といきなり食って掛かってきた。さらに驚くべきことに「読めないなら、お前らは朝鮮人か」と怒鳴ったのである。その場にいた人たちが、この差別発言に、猛抗議をしたのは言うまでもない。権力に物申す人たちを、まとめて朝鮮人や中国人と揶揄する差別者が、こんなところまでやってくる状況をどう見たらよいのだろうか。政治がヘイトを認めているかのような現状にそそのかされて、やってきたのであろうか。

 

830の新聞によれば、沖縄でも同じようなことが起きている。名護市辺野古の米軍新基地建設の抗議行動をしていた市民に対して、沖縄防衛局の職員が「日本語分かりますか」と発言したというのである。「方言差別があった沖縄の歴史を理解していない暴言だ。」「沖縄は、歴史的に方言差別や米国統治に苦しめられてきた。許しがたい発言だ。」との批判は、当然だろう。昨年の「ボケ、土人」の暴言に続くものとして、看過できない差別発言だ。

 

歴史に学ばないものは、民主主義を語る資格はないという意味では、小池都知事も同罪である。今年の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」への追悼文の送付を中止したというのである。あの石原元都知事でも送付していたが、都議会での自民党の質問をきっかけにしての中止のようだ。民族差別を背景とした朝鮮人虐殺の歴史を忘れてはならない。こういう行為が、風化を招くことになるのだ。

 

また、東京都では、2013年、高校用の副読本での差し替えが問題になったことがある。日本史副読本『江戸から東京へ』の「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼碑」についてのコラムの一部が変更されたのだ。旧版では、【大震災の混乱の中で数多くの朝鮮人が虐殺された】と虐殺の事実を明記していた。それが、新版では、【碑には、大震災の混乱のなかで「朝鮮人の尊い命が奪われました。」と記されている。】と虐殺には触れず、その事実を隠ぺいしたのである。

 

94年目の夏に改めて思う。私たちにできるのは、負の遺産も含めて、歴史に正面から向き合い、民族の違いを超えて、平和に生きるための教訓を学び取ることではないだろうか。A.K

画像

さようなら原発 さようなら戦争 全国集会


20170918集会チラシ

画像

映画「スノーデン」上映会


20170909スノーデンチラシ