2018年 呼び掛け文

2018パンフ 9条の会

「九条の会・アピール」とは?

2004年6月10日に、井上ひさし、梅原猛、大江健三郎、奥平康弘、小田実、加藤周一、澤地久枝、鶴見俊輔、三木睦子の9氏により「九条の会」が作られ、アピールが発表されました。この“アピール”は日本と世界の平和な未来のために「日本国憲法(9条)を守る」の一点で多くの国民が手をつなぎ、「改憲」させないための努力をしようと強く訴えています。そして、全国の地域や職場や学校等で7,500を超すご当地「九条の会」が結成され、アピールが広まっています。

川越に「九条の会」アピールを拡げていこう!

私たちは「九条の会」アピールに賛同し、その輪をこの川越に拡げていきたいと2006年10月に、川越「九条の会」を立ち上げました。

川越は小江戸と呼ばれ、今や年間700万人もが訪れる観光都市となり、蔵造りの街なみをはじめ、多くの有形・無形の伝統的文化が残っています。それは、川越が過去の戦争で大きな被害を被ることがなかったこと、戦後すぐに制定された“日本国憲法(平和憲法)”の下、みんなで努力して大切に守ってきたことの結果です。

戦争できる国づくりにストップを!

私たちは非武装・非戦を定めた憲法第9条の精神に立ち、戦争ができる国への動きに強く反対します。これからも、自立した活動を続け、日本の社会を市民の手で変えていく運動の一翼を担っていきます。

憲法の精神を暮らしにいかそう!

改憲を強引に進めようという動きがあります。今、求められているのは、現実に憲法を合わせることではなく、日本国憲法第9条の精神を現実に活かしていくことです。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中