川越「九条の会」ニュース131号お届けします。


川越「九条の会」ニュース131号 2017.6.26

川越「九条の会」ニュース131号をお届けします。裏面に、一年間の収支報告を載せましたので、ご覧ください。また、編集体制が整わず、発行が不定期となり、申し訳ありませんでした。運営会議での話し合いをふまえ、今後は、2か月毎の発行に努めてまいりますので、ご理解ください。よろしくお願いします。


さて、この国は、いったいどこへ向かっていくのか、本当に危険な状況です。

先日、駅前で、いつものようにマイクで話し、みんなで共謀罪反対の自作チラシを配っていたところ、駅前交番のおまわりさんが近づいてきました。「苦情があったから、そのことを伝えます。」という内容の話でした。「だから、どうしろ」というようなことは、一切ありませんでしたが、戦争法が強行採決されてから、毎月同じ日に宣伝を続けていて、初めてのことでした。どうやら、同じ場所で宣伝をしようとしていた、某団体(途中から改憲を鮮明にした)からの苦情を受けて、伝えるだけは伝えたというような態度でした。

もちろん、私たちはひるむことなく、委縮することなく、以前よりも、もっと大きな声で、元気に宣伝を続けました。そのうち彼らはどこかへ行ってしまいました。

しかし、警察からの接触は、気持ちのいいものではありません。制限するような話ではなくても、中には、活動を自粛してしまう人たちもいるかもしれません。また、それが、権力者の狙いでもあるでしょう。

さらに「共謀罪」法が、強行された今、それ以上の抑制効果を及ぼすことが考えられます。治安維持法が出来た時には、それほどの危険性はないと思われていたのに、真面目な警察官ほど、この法律の適用を広く考えて取り締まりにあたったために、多くの犠牲者が出たことを、私たちは決して忘れてはなりません。「共謀罪」法の発動を許してはなりません。

私たちは、これからも「もの言う人」であり続けたいと思います。


それでは、ニュース131号をお届けします。     川越「九条の会」(事務局:K)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中